FC2ブログ

ヨーロッパのクリスマスマーケット

ヨーロッパの街角写真集"Baci Donne"の1年中クリスマスの部屋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
子どもたちのクリスマス
クリスマスマーケット(ニュルンベルク) ニュルンベルクのクリスマスマーケットが特に人気があるのは、広場に集まる屋台の数や多彩さはもちろん、楽しいイベントの数々や子どもたちが楽しめるものがたくさん用意されているからかもしれない。親子で家族みんなで楽しめるマーケットなのだ。

観覧車

子どもたちのクリスマスマーケットは会場が別にあり(ハンス・ザックス広場)、メリーゴーランドや観覧車など色んな乗り物があるばかりではなく、お菓子作りやサンタさんとの記念撮影などもできる。ライトアップされた広場は夢の国のようにきれいで大人も夢中にさせる。

お菓子作り


メリーゴーランド
スポンサーサイト
グリューワイン(ハイデルベルク)
グリューワイン(ハイデルベルク)ハイデルベルクのクリスマスマーケットのグリューワインの屋台。

温かいワイン”グリューワイン(Gluehwein)”はクリスマスマーケットになくてはならない存在だ。クリスマスマーケットが人々で賑わいだすと周辺はワインの香りに包まれる。

可愛らしいイラストのついたワインのマグカップを片手にマーケットを回ったり、スタンドで談笑しながら立ち飲みしたりして冷えた体を温めながらクリスマス気分を楽しめおいしいアイテムなのだ。

しかしドイツの冬は寒すぎて、ホットなワインも思わぬ他早く冷めてしまう。

グリューワインは赤ワインにオレンジやレモンの皮、香辛料、砂糖などを加えて暖めたもの。アルコールが飲めない人や子どもたちにはフルーツのジュースがベースの「キンダープンシュ(Kinderpunsch)」がある。

ちなみにホットワインの事をフランス語圏では「ヴァン・ショー Vin Chaud」というらしい。
屋根の上のサンタクロース
クリスマスマーケット(ニュルンベルク)サンタ ニュルンベルクのハウプト広場には聖母教会(フラウエン教会)があり、その堂々と美しい姿がクリスマスマーケットをより印象的なものにしてくれている。

中央駅の方から続く通りを歩き、ペグニッツ川を渡り、この広場にたどり着いた時の感動は忘れられない。広場のちょうど入り口あたり、石づくりの教会をバックに立つ屋台のクリスマスオーナメントも輝きを増して、クリスマスの夢の世界へ誘ってくれる。
窓辺のレープクーヘン
職人広場窓(ニュルンベルク) ニュルンベルクのストールの窓辺に飾られたレープクーヘン(Lebkuchen) 。
メッセージなどでカラフルにデコレーションされた大きなハート型のものはおそらく飾り用で、どこのクリスマスマーケットの屋台でもその可愛らしさはひときわ目立っている。

一方、お菓子としてのレープクーヘンは直径8cmぐらいの平たく丸い形で、小麦粉・はちみつ・卵を使った生地にシナモン・クローブ・コリアンダーなどのスパイスを混ぜ合わせて焼き上げたもの。歯ごたえは微妙な感じだが味はかめばかむほど味わいがあるらしい。

レープクーヘンはニュルンベルクが本場で交易の盛んだった中世の頃から作られていたそう。
木組みの家のランプ
クリスマスマーケット(ニュルンベルク)ディスプレイ 

クリスマスマーケット(ニュルンベルク)の屋台に並べられた木組みの家のランプ。
陶器で出来ていて中にキャンドルを灯して飾る。集めていくとロマンチックな町並みが再現できる。

→Leyk(ライク社)のセラミックハウス
ソーセージ屋台
クリスマスマーケット(ニュルンベルク)ソーセージ屋台 ニュルンベルクのソーセージ屋台。クリスマスマーケットの広場に向かう道にも色んな屋台が並んでいて、わくわく気分を盛り上げてくれる。

ニュルンベルクでは「ニュルンベルガーソーセージ」という細くて小ぶりのソーセージが有名だが、実際に屋台で焼かれているソーセージには様々な種類のものがあってどれを選んだらよいか迷ってしまう。

大抵は小さなパンにはさんで渡されるが、40cmぐらいある長~~~いソーセージは30cmぐらいの長いパンにはさまれていた。
ニュルンベルク クリスマスマーケット
クリスマスマーケット(ニュルンベルク)

ドイツでは11月末になると本格的なクリスマスシーズンを迎え、あちこちの町や村の広場でクリスマスマーケット(Weihnachtsmarkt ヴァイナハツマルクトと呼ばれる)が開かれるが、中でももっとも有名で人気があるのがニュルンベルクのクリスマスマーケット 『Christkindl Markt クリストキンドル・マルクト』。
このマーケットの歴史は古く、16世紀に始まったらしい。
焼きソーセージや温かいグリュー・ワイン、クリスマスのクッキーやオーナメント、木のおもちゃを売る店など、沿道の店をあわせると200軒近い屋台が集まり、2007年は11月30日から12月24日までハウプト広場を中心に開催された。

→ニュルンベルク 2007年クリスマスマーケットのパンフレット(PDF/日本語)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。